カテゴリー
FDM

途中でフィラメントが出なくなる問題と、その解決

年末から少々忙しく、Kingroon KP3は2ヶ月ほど電源も入れられない状態。年が明けて時間が少しできたので、そろそろ塗装もやってみようと手持ちのデータを出力しようとしたのですが……

フィラメントが途中で出なくなる
出力途中でエクストルーダー がフィラメントを押し出せなくなり、上手く造形できなかった例。データを変更しても同じ状態。

出力してしばらくすると、エクストルーダー から「ゴッ」「ゴッ」と音がして、ノズルからフィラメントが出ない状態に。出力不良が起きるタイミングはランダムなので、駆動系は大丈夫と予想。

リトラクション が原因か

観察すると、エクストルーダー のギヤが空回りしているみたいなのでギヤ周りを観察するも、大きな損傷や消耗は見られず。

エクストルーダー の空回りは、リトラクションを減らすと解決できるとの記述を見つけて、引き戻し4mm引き戻しスピードを3.5mm/sに調整してみるも、大きな改善は見られませんでした。

ちなみにリトラクション とは、ノズルからの垂れを防ぐために一度押し出したフィラメントを引き戻す動作のようです。これが何度も起きてフィラメントを傷つけると、エクストルーダー のギヤが空転することがあるそうです。が、今回は違うようです。

フィラメントの吸湿か?

ひょっとしてフィラメントが吸湿して劣化しているのかも? と、新しいフィラメントを開封して投入するも、同じように断層ができたり、密度のないスカスカな部分ができたりしています。

消耗品の交換

購入後それほど動かしていないので、消耗や劣化は少ないかとも思ったのですが、僕の機体は最初から若干断層ができることがあったので、ノズルを交換してみることに。ノズルはそれなりに汚れていたのですが、これでもあまり解決せず。

さらにいろいろ調べると、「ボーデンチューブ」と呼ばれる、フィラメントをノズルまで送るシリコンチューブが消耗品らしい。もはやあまり期待はしていなかったのですが、意外や意外ココでした。その後は出力は安定。キレイな出力物が出ています。

Kingroon0.12mmで積層
Kingroon KP3 0.12mmで積層